Ishikawa・Nomi

本ツアーに参加して、能美市に残る魅力を身近に楽しむことができました。

特に、九谷焼絵付け体験では、美術館でその作り方、歴史を学習した後だったので、価値、難しさを理解できました。

金沢市内でもお土産としてよく売られていますが、本当にその価値をわかって購入される方は少ないかもしれません。

普通の観光では、日本人にとっても海外の方にとっても、ただ見て終わってしまうことが大半です。

しかし今回のように体験も盛り込むことで文化的なものや、初めて見るものが身近に感じられその場所やものが好きになる

と感じました。

帰りの車の中でも、九谷焼絵付け体験はまた行きたいという話になりました。

蟹淵、古墳は地元の方でも、特に若い世代はあまり知らない方が多いと聞きました。


透き通るような淵やいろいろな生物に囲まれた森林を歩くのはとても気持ちよく、国内外問わず自然の好きな方に喜ばれそうだと

思いました。

その一方で、こうした自然がそのまま残されているところを観光地化した場合の問題などを考える機会になりました。

上高地など、自然や里山体験ができる観光スポットは近年人気が増えている一方で、自然保護や環境問題があります。

観光の目的では、より多くの人に来てもらいその魅力を知ってほしいとの思いもあります。それと同時に今後の存続のこと

も考えながら、紹介の方法を考えていかなければならないのだと思いました。

 
観光の楽しさというのは、その価値、歴史などの背景がわかってこそだと思います。

その点で、今回のように詳しい説明をしていただくことは、とても楽しいものだと再実感しました。

案内していただく側になってみたことで、ガイドをしてもらう魅力やその方法を学ぶことができ有意義な体験になりました。

これからこうした魅力についての発信方法を考えて行きたいと思います。ありがとうございました。

Ambassadors

  • Tetsu Kuribayashi